南方神社


鹿児島五社の筆頭。信州諏訪大社の分社で諏訪神社とも呼ばれます。

由来

創建は不詳。島津氏久が現鎮座地に諏訪大社を勧請し、その後島津氏累代によって崇敬された。鹿児島県には諏訪大社系の神社が多数存在するが、ほとんどが「南方(みなみかた)神社」と名乗っているのは他地方に見られない特徴である。明治6年(1873年)郷社に列した。

散策


黒木鳥居と呼ばれる最も原始的な神明系の鳥居でした。


鳥居右側の大きな看板。「お諏訪さぁ」って呼ばれてるんですね。


石段を登って進みます。


手水舎はシンプルで蛇口をひねるタイプでした。明治12年って書いてある^^;


現在の社殿は2010年に再建されました。普通の民家のようにも見えますね。


拝殿の中。きちんと整備されています。


本殿。拝殿にくっついているみたい。


本殿裏側にたくさん地神がおられました。


古い灯篭に天保11年の文字。島津氏系の方々から奉納されたようです。


他にも灯籠や石が積まれています。


帰りに社号標を発見!大きな看板の裏にありました。


ここも島津家由来の神社です。多いですね。

御祭神

建御名方刀美命

八坂刀売命

所在地

鹿児島市清水町12