諏訪神社


鹿児島県南大隅町に鎮座します。2つの鳥居が横に並ぶ「並立鳥居」があることで有名です。

由来

明応4年(1495年)、小根占郷の総社として、信州諏訪神社より分霊を勧請奉斎した。古くは上宮と下宮が境内に並び建っていた。旧称諏訪大明神。二つの鳥居が左右並行に並んでいるが、平成3年9月の台風で左側の鳥居の一部が欠け、残った片方も白蟻で倒壊寸前だったので、再建委員会を同5年結成し、募金を行い同6年8月31日竣工した。当日は、浦・城北・諏訪の木やり、中別府・丸峯の棒踊り、諏訪の五つ太鼓、塩入神楽、下園の田ノ神踊りなど町内の芸能が奉納され賑わった。

散策


雑誌で見たのと一緒(^^)/ 左の鳥居から入って、右の鳥居から出る習わしがあるそうです。


諏訪神社の社号標。古いっ!


境内左側にある手水舎


何か丸い玉が置かれていました。なんでしょうね。


社殿は赤で統一されています。ん?拝殿入口両側に絵馬が飾られてます。珍しい!


諏訪神社の扁額。ネットで調べたら、諏訪神社の扁額は緑色とのこと。なんで?


拝殿の中の様子。子供の名前が書かれた「よだれかけ」がたくさん飾られていました。


本殿も赤色。屋根にシャチホコがあります。これも珍しい^^


昔使われていたと思われる手水舎。これからも残し続けてほしいですね^^


御神木と思われる大木。とても大きかったです^^

御朱印

御祭神

建御名方命

事代主命

所在地

鹿児島県肝属郡南大隅町根占川南5076