橘神社


長崎県内では諏訪神社(長崎市)に次ぐ初詣参拝者数を誇る神社で、春には約1000本の並木桜が参道をトンネルのように連なり、多くの客で賑わいます。

由来

昭和15年(1940年)、長崎県の県社として創建。明治時代の偉人、教育者、軍神橘中佐を祀る。軍神橘中佐は、若干27歳にて後の大正天皇の教育係に抜擢、軍籍時代は『部下を思うこと深淵なきが如き』称えられる。『信用は求る(求める)ものに非ず(あらず)得るものなり』このお言葉はあまりにも有名。現在も、国家守護の幸せの神様として、またギネス認定元祖大門松、大寒禊、花まつり(観桜火宴)などで、全国各地よりの参拝客で賑う。

 これまでの記事  福岡の杜ブログ

★ 公式ホームページ

散策


大きな鳥居から入ります。年末になると高さ14mの「世界一の門松」が登場するそうです。


地元出身の軍人をお祀りしているようです。


境内入口にある「橘周太陸軍中佐像」。この方なんですね。


参道はこの先かな。とりあえず進みます。


軍神橋という橋に来ました。先に進みます。


ここが桜並木ですね。春はキレイだそうなぁ


参道は右に90度折れ曲がり、緩やかに登っていきます。遠いっ!


なかなか着きません。さらに石段を超えていきます。


途中右側にある手水舎。喉が渇いてるので、飲みたい…。


手水舎の中に鯉(置物)がいました。風情があっていいですね~。


二の鳥居の先に拝殿が見えています。やっと着きました^^;


重厚感ある社殿。周囲は樹木に囲まれています。


拝殿の中の様子


筋肉隆々の狛犬様。力強く吠えています。


流造りの本殿


境内に「さざれ石」がありました。


合格祈願の絵馬がたくさん!


御朱印はいろんな種類があります。あ!金箔御朱印は2000円か。高っ!

御朱印

御祭神

橘周太陸軍中佐

所在地

長崎県雲仙市千々石町己