諏訪神社



佐賀県唐津市に鎮座する諏訪神社。鷹にまつわる神社であり,軍神である建御名方神を祀っていることから,福岡ソフトバンクホークスの関係者が戦勝祈願を行ったこともあります。

由来

784年(延暦3年)創建と伝えられる。百済から誓来という鷹使いが大和朝廷に鷹を献上するため渡来すると、朝廷からは大矢田連の娘である諏訪姫がこの鷹を受け取るため浜崎まで遣わされ、鷹狩の技術を学ぶこととなった。2人は恋愛関係となったが誓来は帰国することとなり、その際に行われた鷹狩で鷹がマムシに絞め殺されてしまった。これを嘆き諏訪姫は自害したため、これを悼み諏訪姫は諏訪神社に祀られることとなった。このことから、諏訪神社の砂にはマムシ除けのご利益があるとされる。

散策


豊臣秀吉が文禄・慶長の役のため名護屋城に向かう道程で参拝したと伝えられ、その際,地元民が献上したといわれる餅菓子の「けえらん」の店がこの鳥居の左側にあります。


入口付近は松が生え,瓦の楼門から寺院のような外観でした。


石燈籠の上におられた鷹様。正直,鳩に見えました(笑)


参道の奥に社殿が見えます。落ち着いた雰囲気の神社です。


心持ち頭が大きく見える狛犬様。迫力ある~!


手水舎で身を清めます。


拝殿の中の様子。鷹の神様が中央奥におられます。


拝殿と本殿。周囲の樹木もあってかいい雰囲気でした!


牙が大きな拝殿前の狛犬様。


御神木のクスノキは樹齢推定400年だそうです!


道祖神社。古来より縁結び・子宝・安産・夫婦円満の神様として御神徳があります。


境内右奥に進むと末社殿の鳥居を発見!こんな所があるなんて知らなかった~。


皇大神宮,道祖神社,稲荷神社などが立ち並んでいます。

御祭神

建御名方神

八坂刀売神

諏訪前命

所在地

佐賀県唐津市浜玉町浜崎1181